GWの過ごし方

こんにちは。風薫る5月になりました。

新緑が眩しく、太陽も風もすべてが新しいエネルギーに満ち溢れてた季節です。

皆さんも新しい学年、新しい学校に馴れた事と思います。 生徒さん達の順応性の早さに驚かされます。

さて、新入学、新学年をむかえてよくこのようなご相談をいただきます。

「GWはどのように過ごせばいいのでしょうか?」と天気も良く、イベントや行事もたくさんあり、生徒(子供)達はどうしても遊びモードになりがちで「うちの子だけ遊んでいてもいいのかな?」と心配になりますよね。

まず、一般的に言えるのは「日々の良い学習習慣は絶対崩すべきではない」という事です。

「朝6時に起きて『計算』と『漢字とことば』をやる」とか「夜寝る前に英語単語ドリルを2ページは進める」といった良い習慣が出来ている場合、一旦止めてしまうと元の習慣を取り戻すためのエネルギーが必要になります。

そのため、習慣を崩さないためには、学習は続けた方が良いでしょう。

また、それとは別に、GWは弱点補強や積み残しの消化を進める大チャンスです。

GWを終えるとその後夏休みまで祝日がありません。 そして夏休みは例年宿題が大量に課されます。

実はお子さんだけが本当に必要としている勉強を進める時間は、この先ほとんど確保できないのが実情です。

したがって、例えば「社会の地名が抜けている」とか「植物の名前を集中して覚える必要がある」というような場合、このGW中、缶詰めになって勉強に取り組む必要はありません。 ご家族で旅行をしたり、学校のこと、進学のこと(特に受験生は志望校・受験校について)など親子でじっくり話し合ったりする時間も大切です。

何もせずに休みが過ぎる事だけは避け、遊ぶ時間と勉強する時間を明確にし、バランスのとれた休日を過ごされることをお勧めします。

GWに優先するべき課題の取捨選択でお困りの場合は、教室までご相談ください。

 

八王子教室:042-673-3970    光が丘教室:03-5933-9681 まで

2017年04月26日